サイコロでギャンブルゲーム

Text

ちょーはんばくち

Text

サイコロゲーム

クラップス

Text

危険

Text

チャックアラック

Text

バンカフランセサ

Text

サイコロのある他のカジノゲーム

クロンダイク

Text

幸せなクライアント

Text
篤子  荒井
Text
精一  花野
Text
敏明  宮

スーパーシックボー

Text

連絡する

最新のアップデート

どのカジノゲームでさいころを使うか?

サイコロゲーム

賭博ゲームの人気は知られていないわけではない。ギャンブルの起源は知られていないが、到達した極致ははっきりしている。カジノはギャンブルが活発に行われる場所だ。ギャンブルだけでなく、人々はショッピング、劇場体験、ホテル、リゾートも楽しむことができる。また、カジノはレストラン施設、ライブ・エンターテイメント・ショーも提供する。プレーヤーは、ポーカー、ブラックジャック、スロット・マシン・ゲーム、ビデオ・ゲーム、ダイス・ゲームなどのゲームに時間を注ぎ込む。ダイス・ゲームはあまり広まっていないが、ダイス・ゲームが好きなプレーヤーもいる。ほとんどのダイス・ゲームは1つか2つ以上のさいころ(ダイス)で遊ぶ。これらのゲームはオンライン・プレーヤーの間でとても人気がある。主なダイス・ゲームはクラップスとビットコイン・ダイス・ゲームだ。プレーヤーに健全な娯楽体験を提供する。

クラップス –

クラップス

クラップスは最も人気のあるダイス・ゲームで、さいころをころがして何が出るかプレーヤーは賭けをする。通常、クラップスの賭けにはカジノ・チップが使われる。クラップスのテーブルでは現金は使われない。クラップス・テーブルを管理する4人のカジノの従業員がいる。2人のディーラー、ボックスマン、スティックマンだ。2人のディーラーは賭けやプレーヤーへの対応を手伝い、1人のボックスマンはチップの管理やディーラーの監督をし、スティックマンは掛け金を集めたり支払ったりしながら、ゲームの結果や勝者を知らせる。クラップスのレイアウトはテーブルの表面にされており、プレーヤーは掛け金が置かれているのが見える。クラップス・テーブルの大きさは場所により異なる。クラップスに使われるチップはトークンとも呼ばれる。さいころを投げる番が来たプレーヤーはシューター(投げ手)と呼ばれる。プレーヤーはクラップスのレイアウトにチップを直接置いて賭ける。通常、ディーラーはシューターに、片手でさいころをころがすようにお願いする。

骰寶ダイス・ゲーム –

大細(tai sai)、大小( dai siu)、ハイロー(hi lo)でも知られる骰寶は中国人が遊ぶ伝統的な賭博ゲーム。骰寶は尊いさいころという意味だ。3つのさいころで遊ぶ確立のゲーム。グランド・ハザードとチャック・ア・ラックという2種類の骰寶がある。たいていアジア諸国で楽しまれている。マカオでは最上位に入るゲームで、大小として知られている。フィリピンではハイローとして知られる。中国移民が20世紀頃に米国にこのカジノゲームを持ち込んだ。英国では合法的なカジノゲームだ。

また、inter Casinoでプレイできることで知られるシックボーもカジノの定番ゲームです。

 

ビットコイン・ダイス・ゲーム –

 

ビットコインとサイコロ

ビットコイン・ダイス・ゲームは簡単そうに聞こえるが、それほど簡単ではなく、他のダイス・ゲームよりも少し複雑だ。このゲームでは、乱数生成機(RNG)が使われる。RNGにより図表を用いたダイス・ゲームとなっている。数字は1~数千までのいくらでもよい。現代のギャンブラーはだいたいビットコイン・ダイス・ゲームを好む。また、ゲームの全体の手順を知ることも重要だ。ギャンブルに熟達していてビットコインについて相当な知識があるプレーヤーのみにこのゲームをお勧めする。